スポンサーリンク

Amazonを装って「【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません」メールは詐欺メールです

迷惑メール

見の覚えの無い「【情報】 Amazon.co.jp:お客様のお支払い方法が承認されません」は詐欺誘導ですので無視して下さい。

偽のログイン画面を表示してIDパスワード抜き取る詐欺メールですので絶対にアクセスしないでください。

気になる様でしたら必ず自身でブラウザなどで検索するか打ち込んでAmazonサイトから履歴を確認して下さい。※メールからはアクセスしてはダメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に届いたメール内容

偽のAmazonメール
写真データーです。

実際に来たメール内容を写真にした物です。

メール本文中の「支払方法を更新する」にアクセスしたところ偽のログインサイトに繋がりました下記に画面が繋がった偽のサイトです、見た目はほぼ公式と同様ですのでURL違うだけですので注意が必要です。

実際の偽のサイトログイン画面
実際の偽のサイトログイン画面

実際にアクセスしたURLは「https://www.taizhongwd.com/jp」でした。
Amazonとは全く違います。

URLはスマホでは確認が難しく知らずに入力する恐れが有ります。

公式サイトURLは下記に記載してます


実際にアクセスした時の状態

実際に送られたメール情報は以下の様になってました。

ヘッダー情報から送り先を特定して見た所では

  • 送信先:中国
  • メール:@amazon.co.jp
  • サーバー:UNICOM-LN

から送られてきてました。

ヘッダー・IP検索には【ラッコツールズ】と【IPアドレスサーチ-CMAN-】の検索データーを参考に記載してます。

二段階認証の導入

Amazonでは二段階認証を導入する事が出来ます、二段階認証はIDとパスワードともう一つの認証を合わせたサービスです。

公式サイトに【ID】【パスワード】を入力して更に設定した方法に送信されたランダムな数字(アクセスコード)を入力する方法です、万が一【ID】【パスワード】が流失しても悪用されにくくなります。

私は携帯電話にアクセスコードを受け取り入力する事でログイン出来る様にしてます、少し面倒な事もありますが、自分を守るために設定してます。

二段階認証の設定は、「アカウント」→「ログインとセキュリティ」→「2段階認証(2SV)の設定」から行う事が出来ます。

2段階認証の設定画面

スポンサーリンク

公式URL

Amazonの公式サイト「https://www.amazon.co.jp/

Amazon公式サイトのヘルプセンターでも情報が発信されています。

公式詐欺被害に合わない為のガイド「AmazonからのEメール、電話、テキストメッセージ、またはウェブページかどうかを見分ける

Amazonからの送信メールは「メッセージセンター」で確認する事が出来ます。※メッセージセンターはIDとパスワードが必要になります。気になる方は公式サイトからアクセスして下さい。

アマゾンが使用するアドレスは以下の様になっていますが、アドレスは偽装して送られる事も多いので参考程度にして公式から確認が安全です。

Amazon公式メールアドレス一覧
出典:Amazon公式

必ず自分で公式サイトに移行してからログインする様にして下さい。

メールの添付ファイルから感染する「Emotet(エモテット)の感染を経路と内容

フィッシング対策啓発動画が「一般社団法人日本クレジット協会」のWEBサイトでご覧いただけます。
一般社団法人日本クレジット協会

迷惑メールを受信した人は外部サイト「迷惑メール相談センター」に情報提供する事で減らそうとしてます、情報提供出来る方は一度目を通して下さい。

総務省より委託を受けて「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールを収集しています。

迷惑メール相談センター

情報提供者における個人情報の取り扱いは総務省サイトで確認出来ます。

コメント