スポンサーリンク

一杯の至福のコーヒー

気になるニュース

今ではコーヒー文化は日常になじんでます、目覚めの一杯に、休憩やリフレッシュタイムにくつろごぎの一杯と飲む方も多いコーヒー。

おうち時間が増えたことで、コーヒー豆やドリップなどコーヒー器具にもこだわり始めた方も多いのではないでしょうか。

コーヒーの事を少し知って自分の好きなコーヒータイムを過ごす事が出来ます。
コーヒーの出し方や轢き方、出し方(ドリップ)でも味わが変わるのが分かります。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドリップの仕方と味わい

ドリップの仕方も豆の挽き方などでも味わいが変わりますが一般的に言われている製法を紹介。
他にもありますが、一般的に見る事も少ないので簡単に購入出来る物を抜粋してます。

  • ウォータードリップ(水出し)
    字のごとく分かる様に、水でコーヒーを抽出する方法です。水では簡単にドリップが出来ませんので、専用の器材を用いて点滴のように少しずつ水を落として抽出します。そのため1杯当たりかなりの時間を要しますが、低温で時間をかけてドリップの為豆独自の風味が味わえます。またドリップ機材はインテリア要素が高いのも特徴です。
  • ペーパードリップ
    紙のフィルタに粉を適量入れ、お湯を適量を注ぎ抽出を開始する。一般的な家電コーヒーメーカーで多く採用されてる方式です。手順を守る事で誰でも一定水準以上のコーヒーが淹れられるのがこの方式の最大の利点である。淹れる温度や注ぎ方などの抽出方法で大きく左右される。紙のフィルタは一度限りの使い捨てです。キャンプやアウトドアでも簡単に出来るのでキャンプ好きな人も使ってる人も多いです。
  • ネルドリップ
    ペーパーの代わりとして布(フランネル)を使用してドリップする方法。ペーパーと布の違いだえですが、ペーパーでのドリップに比べて軽い感じな味になりやすい、ペーパーと同じように淹れる温度や注ぎ方などの抽出方法で大きく左右される。ネルの洗浄が不十分だと雑味が混ざる事があります。
  • コーヒーサイフォン
    水と淹れたコーヒーが同一容器になる製法、水の容器サーバーに漏斗を挿しこみ事で構成されています、漏斗部に布やペーパーフィルタ最近はフィルター要らずもありますがフィルタをセットし、粉を入れる。水の入ったサーバ加熱し、湯が漏斗部に上がったら頃合いを見計らって火から下ろすと水の上昇が始まりドリップされます、見ていて楽しいドリップの仕方です。加熱方法はアルコールランプやガスコンロで温める方式と簡単に使える電気式もあります、喫茶店では良く使われている方式です。

ウォータードリップ

ペーパードリップ

ネルドリップ

コーヒーサイフォン

コーヒーの品種と味わい

コーヒーの品種は主に南米などの南に多くあります、栽培される地域で味わいが変わります、よく聞く品種の特徴を紹介。

  • ブルーマウンテンジャマイカ
    高価なブランドとして有名・芳醇な香気を持ち、苦みと酸味の調和が取れた味わい、苦みが苦手な人も飲みやすい口当たり。ブルーマウンテンはジャマイカで生産されるコーヒーのうち品質が一定以上の製品のみに与えられるブランドネーム
  • キリマンジャロ(タンザニア)
    やや強めの酸味とコクが特長。力強い味わいが特徴。酸味とコクがスッキリとした口当たりで飲みやすい。
  • モカイエメンエチオピア
    独特の甘い香気に優れ程よい酸味を持つ、苦みが少なく甘みとコクが飲みやすい。よく市販されているブランド。
  • ブラジル
    酸味・苦み・香り・甘さがバランスよく軽快で沢山飲める。値段も手ごろでブレンドの際にはベースとして多く使われる事がある。
  • コロンビア
    柔らかな苦みと酸味が程良いバランスで重厚だが突出せずクセが無く飲みやすい。安価でありブレンドの基本としてベースに使われることも多い。
あなたの好みのコーヒーがわかる!【TAILORED CAFE online store】

多くのコーヒー専門店さんでは上記の単一のコーヒー豆をオリジナルブレンドする事で、風味を強くしたり、苦みを抑えたりと様々なテイスティングと試行錯誤してお店独自の味わいを作り出しています。

焙煎方法と味わい

焙煎方法の違いで、同じ豆を使っても違う味わいに成長します、お店毎に味わってみるのも楽しくお勧めです。

喫茶店やコーヒー専門店で飲むコーヒーが美味しい理由の一つに焙煎方法の違いがあります、コーヒー豆も生き物ですので毎回同じ温度・同じ時間で焙煎をすればいい訳でもありません。

自家焙煎珈琲所【Croaster Select coffee】

お店ではコーヒー豆を見極めてそのコーヒー豆に合った焙煎しているので、香り立つローストされた香りと苦みと酸味のバランスの取れたコーヒーが淹れられる訳です。

一般的な焙煎方法で変わる呼び名

  1. ライト
  2. シナモン
  3. ミディアム
  4. ハイ
  5. シティ
  6. フルシティ
  7. フレンチ
  8. イタリアン

1~8までありますが、一般的に【浅煎り】 【中煎り】 【深煎り】の3種類の分別で売られてます。

浅煎り: 香りや酸味に優れ苦みが少ないフルーティーな味わいになります、苦いの苦手な方には最適。

中煎り:一般的に販売されてるコーヒーは中煎りが多いです、豆本来の味わいと酸味と苦みのバランスに優れてます。

深煎り:ローストされた香りにビターな苦味が優れています、酸味はあまり感じなくなり酸味の強いコーヒー豆は深煎りにする事でまた違った味わいになります。

煎り方の違での味わいは嗜好の問題ですので、どちらが優れてるかはありません。

まとめ

沢山のコーヒーの中から自分に合ったコーヒータイムを見つけるお手伝い出来たでしょうか?
コーヒー豆や煎り方。淹れ方で香りも味わいも大きく違ってきます、自分に合ったコーヒーを探すのは難しいですが、色々試して自分のオリジナルを探すのも楽しい事です是非探して下さい。

朝はスッキリ浅煎り、ランチは食後で深煎りなど、時間とシーンでコーヒーと共にイイ時間を過ごして下さい。

マメ知識

10月1日は、国際協定でコーヒーの日と定められています。
コーヒーの新年度が始まる日とされていてコーヒーの日となりました。

コメント