スポンサーリンク

記事投稿内にコードを追加して実行させるInsert PHP Code SnippetプラグインPHP実行する時に便利な方法

Wordpress

WordPressの投稿内ではコードを実行する事がそのままでは実行する事が出来ません。
しかしブログをしているとコードで実行した方が楽な場面が出てきます。

便利なプラグインソフトがありますので導入と導入した時の動作を紹介します。

手順は以下完了します。

  • プラグイン導入
  • プラグインで実行するコードを記入・保存
  • コード化した物を投稿内でショートコードを埋め込む

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現状がどうなっているのか?

<?php
$tag_posts = get_posts(array(
    'post_type' => 'post', // 投稿タイプ
    'tag'    => '○○○○', // タグをスラッグで指定する場合
    'posts_per_page' => 10, // 表示件数
    'orderby' => 'date', // 表示順の基準
    'order' => 'DESC' // 昇順・降順
));
global $post;

phpを記載してもそのまま記載されてしまいます(※コードは一部省略してますので実行は出来ません)

このコードを記事内で実行してする様に実行します。

Insert PHP Code Snippetインストール方法

【プラグイン】から【新規追加】を選択します。

プラグインコンソール
プラグイン
プラグイン追加
新規追加
新規プラグイン検索窓
新規追加「検索窓」

新規追加の検索窓に「Insert PHP Code Snippet」と入力してく下さい。

Insert PHP Code Snippetインストール

インストール】→【有効化】でインストールは終了です。

設定の仕方・コード登録の仕方

早速実行するコードを入力します。

Insert PHP Code Snippet設定

正常に有効化が出来れば画面の様なダッシュボードが有るハズです。
PHP実行するコードを記載します。

PHPCode Snippets】をクリックします。
以下の様な画面になります。

Insert PHP Code Snippetの新規コード入力

Add New PHP Code Snippet】で新規のコードを入力画面になります。

コード名とPHPコードを入力

実行したいPHP Codeを入力します。コードが間違っているとエラーが出ます。
【Tracking Name・保存名】は日本語では登録出来ません、エラーで弾かれます。
保存名はその後のショートコードに使われますので自分が認識し易い名前にして下さい。

コード入力画面
テストの画面です。
エラー画面
Tracking Nameに日本語を使うとエラーが出ます。

画面はテストで入力したコードです、Tracking Nameを英数時(例ではTestしてます)に変更して

正常に保存出来た場合
保存出来ればこの画面が出ます

Create】で登録完了です。

完了すると以下の様にコードが表示されます。

作成コード一覧

【”Test”】とTracking Nameで入力した文字がコード化されてます
作成したコードをコピーします。

投稿内にコードを埋め込む

作成は簡単です。

先ほど作成したコードを任意の場所の投稿内に入力します。

投稿内に埋め込む方法
投稿内に追加

ブロックエディタで説明しますが、ショートコードで先ほどコピーしたコードを入力するだけです。
投稿内でする事はこれだけで完了です。

コードが正常に働いているかはコード一覧からも確認は出来ます。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント