スポンサーリンク

FlexClip(フレックスクリップ)無料で使えるショートムービーを10分で簡単動画制作

Flex Clipガジェット

ここ最近のSNSなど動画は目を見張るものがあります、スマホやパソコンでの簡単にクリエィティブな動画が出来る様になった反面どれがいいのか分からない事もあります。

今回は無料で簡単に使えるFlexClipを試してみたいと思います。

自分の使った事のある動画編集ソフトはCOREL社(VideoStudio UltimateX3)やPEGASYS社(TMPGEnc Video Mastering Works5)Adobe社(Premiere Pro CS4)と昔のソフトとの比較です、若干個人的な感想も含まれます。

最後まで読んで貰えれば登録から動画作り方などを知る事が出来ます。

  • Facebook
  • YouTube
  • Instagram
  • Twitter

SNSのオープニング動画にも使える動画を作れる事も出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FlexClipとは

無料で使える動画編集ソフト

シンプルかつ強力なビデオメーカーで、マーケティングビデオや家族のストーリーを数分で作成できます。

FlexClip公式サイト

登録無料で1,000以上のテンプレートを備え4,000,000以上をロイヤルティーフリーで使える素材集が用意されているインストール不要のソフトです。

では登録から順を追って説明します。

トップ画面

右上にある【サインアップ無料】から登録します。

登録画面

登録画面をクリックしたら登録するアカウント画面になります、紐付けするのか、新規ので作るのか、どちらでも自由に作って下さい。

登録は無料です。

ステップ①はご利用目的が聞かれます、ご自身の利用で選択して下さい。

動画目的選択

【その他】は手入力になります。

ステップ②は①で選択した中での詳細な選択になりますので、ご自身の利用にあった選択して下さい。

アカウント登録
完了画面

全てが完了しましたら登録完了です。

編集トップ画面
トップ画面

完了したらトップ画面に移行します。

簡単動画作成方法

動画を作成する準備が出来ましたら早速作成に取り掛かります、多種多彩なテンプレートが用意されていますので目的に合ったテンプレートを探します。

テンプレート選択
テンプレート集

体験でコマドリ動画を作ってみます。

テンプレートにコマドリが無いので、スライドショーで作ります。

では体験してみましょう。

スライドショーテンプレート選択画面

テンプレートからスライドショーを選択。

テンプレート

ポップなテンプレートにしてみました。

プレビューで動作確認が出来ます。

決まりましたら【カスタマイズ】をクリックした編集画面に入ります。

カスタマイズ編集画面

編集画面
編集画面

【カスタマイズ】で編集画面になります。

編集項目には

  • メディア
  • テキスト
  • ビデオ
  • 画像
  • 音楽
  • 要素(アイコン)
  • カバー
  • 背景
  • 透かし
  • 画面比率

を変更・追加出来ます、追加をしたいファイルなどはドラックでアップロードできます。

一度にアップロード出来るファイルは20個まで、ですので多数をアップロードするには数回に分けてアップロードする必要があります。

写真を入れかえる

テンプレート写真入れ替える

テンプレートの写真を入れ替えるには写真をクリックすれば選択され編集が出来ます。

「削除」「カット」回転」「コピー」の操作が出来ます。

削除した場所に画像を新しいの入れる際にはピクチャーインピクチャーで入れ込んだ方が大きさいや場所を変更しやすくなります。

文字を入れる

文字入れ

文字を入れる場合はテキストをクリックすれば画面上に文字が表示されます。後は変更するだけです。

文字が多くはみ出る時は枠サイズを変更すれば文字の大きさも変更されます。

トランジション・エフェクト効果を適用

エフェクトともいわれる動画のめくり効果です。入れる入れないは好みに因りますが、動画がプロっぽくなります。入れすぎると邪魔になりますので様子見ながらが良いでしょう。

トランジション選択画面

動画が短い場合は効果は出来なくなります。

背景の明るさやアニメーションは「全ての背景に適用」で一枚づつ手動でしなくても一斉に効果を付ける事ができまます。

ズーム機能で画面にピッタリ収まる様に引き伸ばす事が出来ますが、人物の写真で実行しますと写真や画像が伸びて変に伸ばされてる画像になりますので人物以外や不自然にならない様に調整して下さい。

画像エフェクト効果
  • 100%(画面合わせ)
  • 変換(画像回転・反転)
  • フィルター(画像フィルター)
  • 調整(画像色彩調整)
  • アニメーション(画像アニメーション効果)

エクスポートで保存

完成した動画は【プレビュー】で確認出来ます。

【エクスポート】で動画を出力出来ます。

エクスポート選択画面
出力選択

長い動画になりますとFlexClipのビデオが付いてきます。MP4とGIFでの出力が可能となります。

GIF解像度選択
GIF選択画面
変換中
エクスポート完了

出力したファイルは基本Cドライブのダウンロードファイルに保存されます。

サンプルで作成した動画載せましたので良かったら見て下さい。

1分以内の動画になってますので、コマ送りが飛んでたりしますサンプル程度だと思って下さい。(途中順番間違えてます)
※GIFアニメーション動画は環境によっては再生出来ない事もあります。

1分以上の動画を保存する時は有料でしたら保存できます、初めは無料で作成して慣れてきましたら有料プランに変更するのが良いでしょう。

月額プランと年間プランがあります。画面は年間プランの料金表です。

料金プラン
2021年10月時点の料金です。契約の際は公式ホームページを確認して下さい。

メリット

作成した感じからのメリットを記載。

  • 簡単に動画を作成
  • テンプレートが豊富
  • 動画効果が豊富
  • エフェクトが豊富
  • 作成にインストールが不要
  • 容量を消費しない分、ローカルドライブが乏しい環境でも使える
  • 作ったファイルがネット上に保存、どこからでもアクセスできる
  • 動画変換にパソコンの性能に関係なく使える

動画が簡単に出来る為、動画の作成に慣れていない方にはマウス操作でドラックや用意されているエフェクトを選択していくだけで簡単に素敵な制作出来るのが特徴です。

動画ファイルにはインストールが必要が無く、ローカルドライブ消費が無い(完成動画分は消費します)有料プランではクラウドが使えますので、まったくローカルドライブを使わない事も出来ます。

またインストールして使うタイプで様々な編集出来るソフトは、インストール必要構成が重要になります、非力なパソコン環境下では動作が止まったり動画変換に何時間も掛かる事もある中で、このソフトでは環境に因りますが1分間の動画変換で数十秒・1分未満で完了します。

動画を作った事の無い人の入門用にや会社のプレゼン資料など短い動画資料の作成には最適なアプリになるでしょう、また慣れてきたら有料プランに移行も出来ます。

デメリット

デメリットも当然あります。

最初に使用経験のソフトと比べてますので少し辛口です。

  • 長い動画が作れない(無料は1分まで)
  • スライドショーの一枚の時間変更が3秒以下に出来ない
  • 細かな編集が出来ない
  • タイムライン形式での操作が出来ない
  • ネット環境が無いと作成出来ない
  • 出力の形式が少ない

使用した感じですと、さすがに何万もするソフトには敵わない部分もありますが、
高いソフトは細かな事が沢山出来ますが、逆に覚える事が多すぎて最初からあの画面を見ると拒否反応を起こす事もあります。

秒単位での時間設定、音楽を複数重ねる、保存出力に細かな設定での出力が出来ない等のデメリットがあります。

まとめ

ダウンロードも無く簡単に動画を作成できるFlex Clipはまだ動画作成に知見の無い方には手順を追っていくだけで、簡単に出来る事が最大のポイントです。

動画作成を難しく考えてる人の入門用には良いでしょう、またインストールも無い事ですし手軽に出来る事も簡単に使えて良いです。

最初から10分で出来ないですが慣れてくると当てはめてくだけで簡単な動画は作れます。

コメント