スポンサーリンク

楽天市場からの怪しいメール「【最終警告】[楽天市場]情報の有効期限が切れ、アカウントの使用が停止されました.」

楽天フィッシングメール迷惑メール

楽天市場からの不安を煽る文言で偽のログインサイトにアクセスさせIDやパスワードを抜き取る詐欺メール「【最終警告】[楽天市場]情報の有効期限が切れ、アカウントの使用が停止されました.」メールが届きました。メール内のURLは詐欺ですのでクリックしないでください。

内容を紹介しますのでログイン画面が出てもクリックしないで下さい。
気になる方は下記の公式URLを参考にするか楽天の公式アプリからアクセスして下さい。

詐欺メール・フィッシング詐欺は個人情報などを悪用する為です、惑わされない様にくれぐれもクリックして個人情報を入力しない様に気を付けましょう。

毎日の様に届くフィッシングサイト誘導メールの多さに被害者が多く出ないか心配です。

その他フィッシング誘導メールも毎日沢山来ますので注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に届いたメール内容

メール内容は「原文のまま」を記載してます、内容を見やすい様に段落・装飾などを加える事はありますが、内容の誤アクセス防止以外の追加・削除の手を加えていません。
URLや電話番号などは誤アクセス防止の為「-」「●」などで変更する事があります

楽天市場のお客様

お客様のアカウントの個人情報を更新時期になりました。

原因は、クレジットカードの有効期限に迎えたか、または請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由によって更新しなければいけません。

上記の通り、お客様の楽天アカウント情報の一部が誤っているため、楽天アカウントを維持するために、楽天会員の個人情報を更新する必要があります。

%ドゥーギン氏はプーチン大統領と直接面会する側近ではありません

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-●●57-5●●2までお電話ください。

※このメールは、テンプレートBANKより登録会員の皆様にお送りしています[PR]

※本日は楽天銀行から「今だけ金利半額キャンペーン」の特別なご案内です。

%ドゥーギン氏はプーチン大統領と直接面会する側近ではありません。※ 本メールは送信専用です。本メールに直接返信されても回答はできません。

%ドゥーギン氏はプーチン大統領と直接面会する側近ではありません。

———————————————————
発行元 楽天株式会社
Copyright c Rakuten, Inc. All Rights Reserved.
———————————————————

メール内容に「%ドゥーギン氏はプーチン大統領と直接面会する側近ではありません。」が何度も入ってます、どんな意図で入っているのか良く分かりませんが何度も入っています。

メール内の文章【楽天会員 ログイン】からアクセスする様になってます、アクセスした際にはページがなくなってるのかページに到達できませんでした。
該当のURLは「http://xkdsasd.top/jp.php」でした、当然正規のURLでもありません。
スマホなどでは警告が出ない事、URLを確認が難しい事が予想されます、怪しい時にはアクセスしない様に。

どこから送られて来ているのか?

メールがどこから来たのか送られてきたヘッダーやソースをIP検索サイトから検証してみました。

  • 送信先:アメリカ
  • ネットネーム:MSFT
  • メール差出人:@hotmail.com

IP検索には【ラッコツールズ】と【IPアドレスサーチ-CMAN-】の検索データーを記載してます。

メールアドレスは偽装されやすいので参考までにして下さい。

スポンサーリンク

公式URLや公式発表

メール内容が気になる様なら自分で公式サイトを調べるか、公式サイトをブックマークして置いて毎回メールでは無く公式から確認して下さい。

メールからのURLは開く前に少し疑って安易に押す事のない様にして下さい。

公式楽天URL
https://www.rakuten.co.jp

公式楽天e-NAVI:URL
楽天e-NAVI: ログイン画面 (rakuten-card.co.jp)

楽天公式メールアドレスドメイン(出典:公式発表

@rakuten.co.jp
@info.rakuten.co.jp
@mkrm.rakuten.co.jp

※メールアドレスは偽装も簡単なので、公式のアドレスを記載してますがメールアドレスはあまりあてにしない様に注意が必要です。

公式サイトでも不審なメールやSNSの注意があります。こちらで確認出来ます。

必ず自分で公式サイトに移行してから検索して下さい。

メールの添付ファイルから感染する「Emotet(エモテット)の感染を経路と内容

フィッシング対策啓発動画が「一般社団法人日本クレジット協会」のWEBサイトでご覧いただけます。
一般社団法人日本クレジット協会

迷惑メールを受信した人は外部サイト「迷惑メール相談センター」に情報提供する事で減らそうとしてます、情報提供出来る方は一度目を通して下さい。

総務省より委託を受けて「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールを収集しています。

迷惑メール相談センター

情報提供者における個人情報の取り扱いは総務省サイトで確認出来ます。

コメント