スポンサーリンク

NASが繋がらない!!原因はSMBの設定にあった

データー共有ガジェット

新規パソコン(Windows10)を立ち上げて共有ファイルアクセスの為にNASに繋げようとした所、繋がら現象に遭遇。

他のパソコンでは正常にアクセス出来るので単純なNASの故障では無かったので原因を調査します。

2022年後半のアップデートでWindows 11 HomeでもSMB1はインストールされません、全てのSMB1が無くなる事を意味します、WindowsXP・10では接続出来た古いNASなどの共有が出来なくなる恐れが有ります。

該当する方は機器を新しくする事も視野に入れて下さい。

参考記事:Microsoft「Build 22610

スポンサーリンク
スポンサーリンク

原因はSMBの設定

「SMB」(Server Message Block)は、ネットワークにおける標準のファイル共有のプロトコルです。

Windows10のOSでもSMBサポートはされています、ですがSMBにもバージョンがあり古いSMBはWindows10のインストール時には無効にされています、「じゃぁ有効にすればいいんだ!」と簡単に思いますが注意が必要な事だけは覚えておいて下さい。


マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-010 緊急等(2017.3.15)発表で古いプロトコル は脆弱性があり悪用された時はリモートで攻撃出来るコードが実行される可能性がありますと発表され古いプロトコルは使用しない様にとされてます。

NASの古い製品では特にSMB1.0しか対応していな製品と、SMB1.0が初期状態の段階では有効にならないWindows10の組み合わせでは個別にSMB1.0を有効にしないと繋がりません。

SMBの繋がらない事はNASに限らずプリンターやスキャナーなども影響が受ける事があります。

対処の仕方・方法

対処の仕方は順を追って行けば簡単に設定できます。

SMB1.0はセキュリティ的に万全では無い為、万が一ランサムウェア等悪意を持って攻撃してくる影響を受けた際にも復元ができるよう、システムやデータはバックアップをして、いつでも復元・またその手順を含めた備えを実施出来る様にして下さい。

では実施手順です。

コントロールパネルプログラム>プログラムと機能

apwiz.cpl移行コマンド

または【プログラムとファイルの検索】窓から「appwiz.cpl」からの実行でも行けます

実行しますとどちらかの画面になると思います。どちらも操作は同じになります。

プログラムとインストール画面
プログラムとインストール画面

どちらも上記の枠を選択しますと以下の画面になります。

SMB 1.0/CIFS クライアントのチェックがされていないと思いますので、チェックを入れます、SMB 1.0/CIFS クライアントの下に、SMB 1.0/CIFS サーバーという機能もあるのですが、同様にこちらがチェックされていないと、複合機のスキャナ送信機能が使えなくなる事もあります。

設定を終えましたら【OK】をクリックして保存して下さい。

この設定で大体は繋がる様になりますが、それでも繋がらない時は共有する方のパソコン方の「共有の詳細設定」を確認して下さい。

共有の詳細設定

ここでは共有するフォルダやプリンタを搭載しているパソコン側の「共有の詳細設定」の変更です。

共有の詳細設定は「コントロールパネル」→「ネットワーク」→「ネットワークと共有センター」→「共有の詳細設定」で見つける事が出来ます。

共有の詳細設定の探し方

検索窓に「共有の詳細設定」と入力すると画面の様にダイレクトに出す事も出来ます。

  • プライベート(現在のプロファイル)
  • ゲストまたはパブリック
  • すべてのネットワーク

の設定項目があります。ネットワークエラー表示別でチェックするなどして有効・無効をチェックして下さい。
※以下に表示されてる画面は例としてのチェック項目にレ点が付いてます、個々の環境に合わせてチェックして下さい。

ネットワークが見つからない場合は「ネットワーク検索を有効にチェック入ってるか確認して下さい。

プライベートネットワーク検索

ファイルとプリンタが接続できない時は「ファイルとプリンタの共有のチェックを確認して下さい。

プリンタ―フォルダー共有の有効無効

ユーザーやパスワードが違うとされる場合はパスワードを無効化して見て下さい
パスワードは有った方がセキュリティを保てますので、信頼されているネットワーク内や家庭内での使用に限定する方が良いです。※漏洩の責任は取れません自己責任でお願いします。

パブリックフォルダーのパスワード湯無の選択。
画面はパスワードが有効になってます。

画面上の「パスワード保護」を有効・無効でネットワークエラーの「パスワードが違います」がスルーされ接続できる様になります。

すべての設定を終わりましたら【変更の保存】で確定させてください。

注意点

先ほどでも記載しましたが、SMB1.0自体が脆弱性を持っていますので、不要になった時には無効化(チェックを外す)しておくのが悪意の持った攻撃を防ぐ事が出来ます。現在はSMBは3.1.1とセキュリテーの上でも速度の点でもバージョンアップされてますので買い替えも視野に入れて下さい。

コメント