スポンサーリンク

エクセルTMPファイルの開き方、TMPのファイルとは?削除してもいいの?

ガジェット

TMPファイルは(テンポラリーファイル)の略で履歴のデーターを一時保管しているファイルです。

何らかの理由で過去のファイルデーターを復元や見直したい時にどうしたらいいのか?困った事は無いでしょうか?

またこのファイルは消しても問題ないの?などを見ていきましょう。

まずは簡単に復元する方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

TMPファイルの現状確認

エクセルTMPファイルの現状

エクセルを開いて保存した毎に一時的にアプリケーションによって作成されるファイルです。

画面のファイルはNAS(Network Attached Storage)ネットワークにあるハードディスクに保管される一時ファイルなので沢山あります。

保存・作成されるファイル容量はアプリケーションによって様々ですので参考までにして下さい。

エクセルデーターTMPファイル復元方法

TMPファイルはそのまま開こうとしても開く事が出来ません、基本Microsoft Storeで探す画面になります。

手順は

  1. Excelアプリケーションを開く
  2. ファイルから開くを選択
  3. 参照から該当のTMPファイルを開く
  4. 閲覧できます(保存も出来ます)

①Excel開きます。
開くのはアイコンや既存のファイルからでも開けます。

デスクトップアイコンや全てのプログラムから開けます。

②③ファイルを開くを選択・見たいファイルを選択します、TMPファイルは開かないと中身が分かりませんので探す時は日付やファイルサイズで探すか一つ一つ開くしか手がありません。

開いたら「ファイル」→「開く」→「参照」から対象のファイルを開きます。

④通常はこれで見たい(復元したい)ファイルの中身を見る事が出来ます。
保存したい時には名前を変更した方が見分けが付きやすいです、そのまま保存するとTMPファイルの名前がそのまま付きます。

そもそもTMPファイルが自分のパソコンに有るの?

TMPファイルは殆どの方のパソコンにあります、でもあまり意識はしてないと思います、
何故か?アプリケーションと同時に多くの場合は消えてしまうからです、ですが残ってしまっているファイルもあります。

そんなのどこにあるのか分からない方は調べてみて下さい。
設定の歯車から

システムをクリックします

記憶域をクリック「一時ファイル」をクリックします。

どのファイルをどの程度削除できるかスキャンに入ります、スキャンするデーターが多いと時間が掛かりますが、私の環境では2秒くらいで完了しました。

必要の無い(消したい)所にチェックを入れます。
スキャンが終わると【ファイルの削除】が表示されます

TMPファイルは消してもいいの?

TMPファイルが自動で出来るのはExcelに限った事ではありません、他のアプリケーションでも作成されます。

では消してもいいのでしょうか?結論は消しても問題は基本的に無いです!
古いファイルでしたら尚更問題は有りません。

注意して欲しいのは現在稼働中のアプリケーションのTMPファイルが合った場合です、稼働中の一時ファイルを消そうとした時には、基本警告が出て消せないですが、保存中などに消そうとすると断片的にデーター破損の恐れが有ります(※保存が遅い時など)完全にアプリケーションが消えてからTMPを消して下さい。

実際に消すには先ほど探した「一時ファイル」の【ファイルの削除】で選択した一時ファイルを消す事が出来ます。
エラーになった場合は対象のアプリケーションが稼働中の場合や現時点でファイルが開いてる為です。

Windowsは一定程度の予約済みのストレージを保持してます、アプリケーションのデーター保持の為だそうです。

ガジェット
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント