スポンサーリンク

誤配送してしまったら、確認とお詫びと兎に角確認、焦らず!すぐした方がイイのは

物販・副業
スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に起こった事誤配送事例

物販や副業等で多く使用されてるヤフオク(ヤフーオークション)・メルカリ・ラクマが良く利用されてるサイトになると思います。

購入された品物を配送してくれるのは配送業者です。
そんな中実際に自分に実際起こった事を元に、私がした行動と対処を記載して他の人に起こった場合の参考になればと思い記載します。

誤配送事例

私が実際に体験した事例、これは稀になる事ですが、配送業者の伝票張り間違いで送られた荷物がテレコになった事例です。


2個の配送手続きを配送業者に持ち込み依頼、匿名配送での配達で有った為相手の名前や住所は当然分かりませんので、そのまま配送業者にお任せします、その後配送業者が配送伝票を張るらしいのですが、2点とも同じ箱、同じ匿名なので伝票番号を確認せず間違って張った事が原因で起こった事例です。

分かったきっかけ

分かったきっかけは当然、届いた相手からのクレームです、商品が違う!交換して!の催促が当然きます
送った自分からするとなぜなの?になりますが、相手に非は無いですからやる事は決まってきます。

誤配送連絡からする事は!誤配送例別

配送が1点

誤配送が1点「1配送先」で送ったハズの物がなぜか手元にあって気が付いた場合。
当然送った方は中身が空か違うのもが入ってるハズですので、時間に因りまっすが、集荷される前でしたら止めて貰う為に連絡をします。

最近はコンビニなどでも受け付ける事が出来ますので、配送業者が取りに来る前でしたら交換や入れ替えが出来ます、その際控伝票や受付伝票が無いと渡してくれないので配送完了まで伝票は廃棄しない様に。


この段階で対処できればいい方ですが大抵相手からの「違ってます」の連絡で青ざめる事でしょう、この時は冷静に対処する事で解決が早くなりますので落ち着いて下さい。
まずは、丁寧な謝罪と交換の手順を話し合う事が先決です。


自分が間違って配送した謝罪を入れて「この度は私の手違いでご迷惑をかけてすいません、交換をいたしますので返送お願いします。返送の際は着払いでお願いします。(匿名配送の場合は匿名での配送にならない事も添えて)商品の到着が遅れる事になり申し訳ございません。」最低これだけの文言は含めて入れておかないといけません、決して返送の送料はそちらで等とは言わず「着払いで」で入れる様に、自分のミスでしたら自分で責任を持ちましょう。

また自分が誤配送の当事者になった場合も誤配送した方でも「受取」の承認はしない様にしましょう、受け取ったから「それでいいんですね」って言われて交換などがして貰えない場合が有ります。
しっかり話して対処すれば相手側も分かって貰えますので慎重丁寧な対応すれば大丈夫です。

謝る男性

配送が2点以上でテレコでの誤配送

このパターンはとても厄介です!
送り先が2人以上いる事になりどちらからも連絡を取り合わないといけません、
しかし荷物が届いたからと言ってすべての人が中身をすぐに見てくれるとも無いですし、連絡もすぐに見てるとも限りません。


商品が在庫が有り連絡来た方から交換と返送出来るのなら1点の誤配送と同じ工程でイイんですが、商品が在庫限りだと両方から送り返して貰わないとお互いに配送できなくなります、通常の配送の何倍もの労力が掛かりますし手間もかかります。


この場合も両方に「私の手違いで商品を間違えご迷惑をおかけします、お送りした商品は別の大切なお客様のお荷物になりますので、着払いの上返送お願いします、お客様からの返送されましてからのお手元の届くまで通常より長く時間がかかる事が有りますのでお詫び申し上げます」等の文言は先ほどの1点の時の文章に更に付けて置くりましょう、どちらも着払いでの返送が原則です。

自分が体験した配送業者の手違いでの対応

自分が体験した配送業者の手違いでの誤配送体験とその対処方法。
ある日1人の人から「中身のデザインも形状も違う」と連絡が有りました、
かなり焦りましたがここは1点の誤配送の手続きと同じく、着払いでの配送をすぐお願いしましたと同時にもう1人に送った方の方にも「中身が違ってる可能性が有りますので確認と違ってましたら着払いで返送してください」とすぐに連絡を入れる事です。


その日は2点だけを配送していたのですぐに分かりましたので連絡入れれましたが、更に複数の場合でしたらと思うと怖かったです。


この時の対処方法の一つに必ず送った箱や伝票を付けて送り返して貰って下さい、私はそのまま返送してくださいと言ったのでその後の対処が格段と楽になりました、誤配送が言われた時は必ず伝票などは剥がさず送ってもらって下さい。


その後着払いで届きましたら送り状と伝票とヤフオクやメルカリやラクマなどでの控えなどと伝票を確認して下さい、私の場合は張り付けてる伝票(私がプリントアウトした匿名の伝票)と送り状(店舗で張り付ける匿名では無い伝票)の伝票が違っていて店舗での張り間違いが気が付きました。


その後は店舗に行って伝票の相違を訴えれば、店舗の方でもう一方の回収と再配送をしてもらえます、また着払いで払いました金額も返金手続きされ戻ってきます。


この事は誤配送した両相手にも経緯や今後の対応を教えておく事です、知らないで待つ相手の身になって自分が分かってる事は教える事に因って待つ方も少しは安心感が持てます。

まとめ

・まとめ間違った場合は素早い対応と丁寧な対応そして謝罪を必ず。
・返送してもらう場合は着払いで、また交換したり正規の品物を送る時も元払いで相手に負担を掛けない事。
・自分が自信持って間違えてない場合は伝票や元箱も一緒に返送してもらう事。
・返送送料や交換品など送る送料の方が高くなる場合は間違った物は上げちゃって、送るだけにした方がイイ場合も視野にいれて置く事。
・相手の気持ちになって対処する事、基本多くの人はいい加減な対応では無ければ協力してもらえますので誠意をもって解決。

物販・副業
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森