スポンサーリンク

AEON CREDIT 銀行 お知らせの怪しいメール「 【AEON CREDIT 銀行】ご利用確認のお願い」の内容検証・詐欺誘導メール分析。

イオン銀行を装った詐欺メール迷惑メール

AEON CREDIT銀行を装う迷惑メール私は保持していなので明らかな偽のメールです、内容は「【AEON CREDIT 銀行】ご利用確認のお願い」あなたの不安を煽って偽サイトに誘導してIDやパスワードを抜き取る詐欺サイトです。

内容を解析してますので、同じようなメールには注意して下さい。

イオン株式会社は、千葉県千葉市美浜区中瀬に本社を置く、日本国内外300余の企業で構成される大手流通グループ「イオングループ」を統括する純粋持株会社である。

引用:Wikipedia 公式サイト:https://www.aeon.info/

メールアドレスは正規のスペルでも比較的簡単に偽装出来ますのでメールからのURLはクリックしない様にして下さい。

その他のカード系の迷惑メールもタイトル違いで多数ありますので参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に届いたメール内容

原文ままの記載です。段落は表示する為少しズレます。

AEON CREDIT 銀行利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

■ご利用確認はこちら

1664762016켕쒓뭔줄븱푳젟

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。

──────────────────────────────────
サイトマップ 推奨環境 プライバシー・ステートメント プライバシーポリシー イオンフィナンシャルサービス イオンクレジットサービス(運営会社)

──────────────────────────────────

c AEON CREDIT SERVICE CO., Ltd.ヰか?とぬ[RAND_BGTEXT_0]

上記表示されてる、本文内の【■ご利用確認はこちら】にアクセスしますと警告画面が出ました。
実際に表示された警告画面です。

実際の警告画面
実際の警告画面

ブラウザーの種類やスマホなどでは警告が出なく繋がる可能性があります。
偽の画面のままに入力してしまうと個人情報やID・パスワードが抜き取られますので、決して情報を入力しないで下さい。周知の為に開いてますが、メールからのURL自体を開ける様な事はしないで下さい。

どこから来たのか?経路確認

メールがどこから来たのかIP検索サイトから検証してみました。

  • 国:中国
  • 送信先:AEON CREDIT 銀行 info@aeon.co.jp(メールアドレスは偽造も出来ますのであまり参考にはなりませんが参考程に。)
  • ネットネーム:UNICOM-LN

IP検索には【ラッコツールズ】と【IPアドレスサーチ-CMAN-】の検索データーを記載してます。

公式URLや公式発表

公式AEON・URL(https://www.aeon.co.jp/
公式AEONログインサイトURL(https://www.aeon.co.jp/app/

公式AEONサイトにも注意喚起あります注意して下さい

万が一IDやパスワードを入力してしまいましたら「紛失・盗難について」を参考にして下さい。
カードの紛失・盗難についてサイトURL(https://www.aeon.co.jp/inquiry/lost/

お問い合わせ電話番号:0570-079-110(24時間・年中無休)

必ず自分で公式サイトに移行してからログインする様にして下さい。

メールの添付ファイルから感染する「Emotet(エモテット)の感染を経路と内容

フィッシング対策啓発動画が「一般社団法人日本クレジット協会」のWEBサイトでご覧いただけます。
一般社団法人日本クレジット協会

迷惑メールを受信した人は外部サイト「迷惑メール相談センター」に情報提供する事で減らそうとしてます、情報提供出来る方は一度目を通して下さい。

総務省より委託を受けて「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールを収集しています。

迷惑メール相談センター

情報提供者における個人情報の取り扱いは総務省サイトで確認出来ます。

コメント