スポンサーリンク

ブラックフライデーとはどんなイベント!?

四季

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラックフライデー由来と起源

ブラックフライデーはもともとアメリカの感謝祭(11月の第四木曜日)の翌日に感謝祭の売れ残りをセール価格で売り出したのが始まりと言われています。

またアメリカの小売業が最も一年で売り上げが見込める日でもあるのでブラックフライデー(黒字化になる日)として定着してます。
最初は人や車が多く込み道路を真っ黒に染める様子で地元警察が忙しくなり「真っ黒な金曜」と揶揄した事から、ブラックフライデーはあまり良いイメージでは無かったのです、しかし名前を変えようとしたが定着せず結果「ブラックフライデー」と定着されました。

日本でのブラックフライデーの定着

日本では感謝祭は関係なく11月は年末に向けての買い控えがある中の起爆剤としてセールをする為に行われたのが始まりとされています。

感謝祭が起源などは関係なく「何となくセール期間」とだけしか知らない人も多いようです。

年末のクリスマスと正月のおせちや福袋の予約や開催発表なども同時に行われている事も見受けれます。

開催は起源となったアメリカより早い11/23位から12月一週目位が多数を占めています、日本は11/23日の祝日(勤労感謝の日)を開催の起点として開催している場合に見受けれます。

日本でも「黒字」にかけてセール名もそのままブラックフライデーで使われています。

年々日本でもブラックフライデーが認知される様になり約75%以上の方に知られています※株式会社ONE COMPATHの意識調査から

スポンサーリンク
スポンサーリンク

開催祭されるショップなど

元々は小売業など大手では無いお店から始まりましたが今は多数のショップやECモール(ネットショップ)で開催されます。

日本場合はイオングループやノジマが最初に開催してる影響か、認知度の低さの影響で、開催はどうしても価格競争になり易く小売りにはあまり参戦できていない様に思えます。開催している品物などは贅沢品(嗜好品)よりも生活に密着した「日常的な食料品」が多く購入されています。

ブラックフライデーに関する調査で希望する要望に「実施店が増えて欲しい」が31.4%、「もっと多くの企業に参加してもらいたい」21.2%と合わさると約50%を超えます。 ※株式会社ONE COMPATHの意識調査から

2021年時点では購入したいが開催されていないなどのギャップがあります。

2021年開催ショップ抜粋(日付のみ記載・時間は抜いています)

※順不同

コメント