スポンサーリンク

古いPCを復活させるChrome OS Flexは救世主になるのか?インストール方法

ガジェット

Chrome OS Flexは、CloudReady(古い端末をビジネスや企業・教育機関向け開発していた会社Neverware)のGoogle版にアレンジした後継システムと思って下さい。CloudReadyを作っていた会社を2020年12月にGoogleが買収して開発とGoogle chromeOS向けに使い易くしたOSになります。

2022年2月時点では正式版では無い為多くのバグが残ってる可能性があります、大切なパソコンなどではインストールはお勧めしません。

現在動作確認の状況を・認定済みデバイスの完全なリストが確認出来ます、「認定モデルリスト」を参照してください。

認定システム一覧にダウンロードしたい機種が無い場合は、近い機種(モデル)が対応する場合があります。(※必ず動作するとは限りません)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chrome OS Flexダウンロード条件・ガイド

用意する物

  • 8GB以上のUSB・SDカード(デバイス内のファイルは消去されます)
  • 最新のChromeブラウザで動作しているデバイス
  • インスト―スしたいターゲットデバイス(Windows・Mac・Linux等)
  • ネットに繋がる環境

※USBは稀に動作しないとの報告があるそうです、一つ予備があると安心です。

ターゲットデバイス最小構成は

  • アーキテクチャ: インテルまたはAMD x86-64ビット互換デバイス
  • RAM: 4 GB
  • 内部ストレージ: 16 GB
  • USB ドライブから起動可能
  • BIOS: 完全な管理者アクセス権。Chrome OS Flex USB インストーラから起動し、問題が発生した場合は BIOS で調整を行う必要があります。
  • プロセッサとグラフィックス: 2010 年以前に作成されたコンポーネントは、エクスペリエンスが低下する可能性があります。
  • 注: インテル GMA 500、600、3600、および 3650 グラフィックス・ハードウェアは、Chrome OS Flex のパフォーマンス標準を満たしていません。

USBやSDカードで起動デバイスを変更出来ない機種はインストール出来ません、BIOS・UEFIで起動デバイス変更が必要です。

ダウンロードには登録が必要!?

ダウンロードには登録が必要か?実際は必要ではありません。
しかし今後のアップデート情報などの為にも登録した方がいいでしょう。

登録の方法から始めます。

Chrome OS Flexからダウンロードの構成を見て準備をします。

Chrome OS Flexトップ画面

入力は必須項目になってますので入力します。
入力してもこちらで実際にインストールするデバイス内で実行する手順が記載してるだけですので入力は必須では無いですが今後の為に登録する事をお勧めします。
飛ばしてすぐにダウンロードしたい方は、下記にこの後記載してる実際にダウンロードするまで行って下さい。

Chrome OS Flex登録項目
  • ファーストネーム(名前)
  • 姓(苗字)
  • メールアドレス
  • 会社名
  • タイトル(役職)
  • 会社規模(人数)
  • 産業(会社の種類)
  • 電話番号(電話番号は入れなくても大丈夫でした)

※ファーストネームは(名前)例では「田中一郎」では「一郎」の方です。

必須項目を入力しましたら【クロムOSフレックスを試す】で先に進みます。

表示されるインストールガイドを見てダウンロードの準備を進めて下さい。

実際にUSB(SD)にダウンロードする方法

GoogleChromeブラウザーを開きChromeウェブストアにアクセスします。

リカバリーユーティリティ

Chromeに追加】をクリックして追加します。

chromeリカバリーユーティリティの拡張機能追加

ポップアップが立ち上がるので【拡張機能を追加】をクリックします。

しっかり追加されているか確認します。ブラウザの横にあるアイコンからChromeに追加済みのプログラムを確認します。

chromeリカバリーユーティリティの拡張機能追加確認

スライダーがOFFの状態でしたらONにして下さい「画像はONの状態です」確認が出来ましたら次に移ります。

確認が出来ましたら「拡張機能」からChromebookリカバリーユーティリティを起動します。

chromeリカバリーユーティリティの拡張機能追加確認画面に移行

起動画面に移ります。この時までにUSB・SDは用意しておいてください。

リカバリーメディア作成

始める】で開始します。

ドロップダウンリストから「Google Chrome OS Flex」と「Chrome OS Flex (Developer-Unstable)」を探します。

Google Chrome OS FlexとChrome OS Flex を選択する

選択したら【続行】で次に進みます。

使用するUSBドライブ・SDカードを挿入して選択して下さい、選択できましたら【続行】で進みます。

USBやSDカードを挿入

私はUSBを使用しました※デバイス内データーは消えますので選択を間違えない様にして下さい。

選択後【続行】をクリック。

リカバリーの作成

選択が出来ましたら【今すぐ作成】でダウンロードします。進行スライダーが終わるまで待ちます。ダウンロード時間はUSBとネット環境にも因ります。

完了したらデバイスを外します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウンロードしたデバイスを使ってインストール方法

実際に使うデバイスにUSBを指します。

起動順番をUSBから起動できる様に設定を変更します。
変更する方法は機種によって違います、自身のデバイスで確認して下さい。

BIOSやUEFIに【Delete】【F2】や起動時にBootセレクトがある物など有ります。

写真がスマホの画面キャプチャですのでモヤが出てています。

①無事USBから起動出来ましたらWindowsじゃなくChromeの画面が出ます。
そのまま通常のChromeと同じ設定をする事になります。

USBから立ち上げた画面
USBから起動
CloudReady2.0が立ち上がる

②言語とキーボードの設定をします、GoogleChromeBookを使った事がある人は同じような感じです。

そのままインストールするか、試しにUSBから起動するか選択できます。

USBからお試し起動

USBで起動テストしてから本格的にインストールする事も出来ます。画面右に「インストール」項目があります。

USBから起動テスト画面です。

キーボード・言語を設定します、どちから選択して試して下さい。

キーボード・言語設定
言語とキーボードを選択
CloudReady2.0インストール

③Googleアカウントを登録(現アカウントが有るとそのアカウントも使えます)します。
起動しましたらchromeOSと同じようにGoogleドライブなどが使えます。

以上で完了できました。

起動画面

まとめ

インストールやUSBからでもGoogleChromeOSと同じ様に簡単に使う様に出来ました。昔のPCをchromeOSの様に復活させました。起動と使用にはバグがあるので少しの不安が有りますがUSBからの起動出来るので一度眠ってるパソコンで試してみてはいかがでしょうか?

今回は古いPC2008年位発売のパソコンを使用しました。※インストールは古すぎて使えませんでしたのでUSBから使用しました。

Chrome OS Flex は、現在、早期アクセス テスト用にリリースされており、運用環境での使用には適していません。CloudReady は、即時安定した展開に使用できます。Googleは、Chrome OS Flexが安定している場合、CloudReadyデバイスをChrome OS Flexに自動的に更新します。

chromeOSFlexヘルプ

コメント