本ページはプロモーションが含まれています

ラムネとサイダーの違いを知って、暑い夏をもっと楽しもう!

スポンサーリンク
気になるニュース

暑い季節になると飲みたくなるラムネとサイダー。その爽快感はたまりませんが、実はラムネとサイダーには形状の違いがあるのをご存じですか?味は似ているけど、瓶の形や飲み方が違うのです。

この記事では、その違いを詳しく紹介しつつ、夏にぴったりなラムネとサイダーを楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何が違うの?ラムネとサイダー

暑くなると、のどを潤すためにラムネやサイダーを手に取る人が多いでしょう。ビー玉をポンと押して飲むラムネの爽快感は、夏の風物詩とも言えます。
しかし、多くの人は「ラムネとサイダーは同じ味じゃない?」と思っているかもしれません。答えを先に言うと「同じ味」です。
では分ける意味は無いですが名前の違いは詰められてる容器の形状の違いがポイントなのです。

ラムネとサイダーの違いとは?

ラムネとサイダーの違いを知って、暑い夏をもっと楽しもう!

ラムネとサイダーの違いは、主に以下の点にあります:

  1. 瓶の形状
    • ラムネ:ラムネは「玉詰びん」と呼ばれる特徴的な瓶に入っています。
      この瓶にはビー玉が栓の代わりとして使われており、飲む際にはそのビー玉を押し下げることで炭酸飲料を楽しむことができます。
      このユニークな容器は、飲むときの楽しさを提供するだけでなく、ラムネのアイデンティティの一部でもあります。
    • サイダー:一方、サイダーは一般的な炭酸飲料の瓶や缶に入っています。特に特徴的な形状や栓はなく、手軽に開けて飲むことができます。
      ラムネとは異なり、容器に特別な工夫がないため、よりシンプルに楽しむことができます。
  2. 歴史と製造方法
    • ラムネ:名前は英語の「lemonade」が転訛して「ラムネ」となりました。ラムネは、レモネード(またはレモンライム)の風味を持つ炭酸飲料であり、「玉詰びん」に詰められていることが特徴です。このユニークな瓶と中身の組み合わせは、日本独自のものであり、長い歴史を持っています。
    • サイダー:サイダーは、ラムネと比べてより一般的な名称であり、特定の容器に依存しない炭酸飲料です。サントリーのFAQでも、中身は同じでラムネとサイダーの違いは容器で区別されるようになっています。
  3. 飲むときの楽しさ
    • ラムネを飲む際のビー玉を押し込む瞬間は、子どもから大人まで楽しめる一つのアクティビティです。
    • サイダーは、シンプルに開けて飲むことができ、手軽さが魅力です。

美味しさは同じ、楽しみ方もそれぞれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラムネもサイダーも、暑い夏には欠かせない美味しい飲み物であることに変わりはありません。その違いを知ることで、さらに楽しみが増えることでしょう。

特に、ラムネのビー玉を押す瞬間は、夏の思い出の一部になること間違いなしです。

結論:暑い季節にはラムネもサイダーも楽しもう

ラムネとサイダーの違いを知った今、ぜひ両方を味わってみてください。それぞれの形状や飲み方の違いを楽しみつつ、暑い夏を美味しく爽快に過ごしましょう。

ビンの製造も続いてほしいと願いつつ、これからもラムネとサイダーを楽しんでくださいね。

また5月4日は「ラムネの日(※別ページで開きます)」として制定されています。

全国清涼飲料協同組合連合会

コメント