スポンサーリンク

Windows11チェック セットアップ

WIN11正常性チェックガジェット

Windows11のチェックが長く準備中でしたが使える様になりました。

インストールから使用まで簡単に解説します。

結果自分のパソコン(以下PCと表記)は対象外でした、実際分かってましたがやっぱりとなりました。
今後対応する様に設定を変えていきますが、まずはどんな風に表示されるのか載せていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WindowsPC正常性チェックセットアップ・インストール

Microsoftからインストールします(過去記事のWindows11アップグレード方法)やMicrosoftのWindows11のアップグレード要項からもインストールできます。

正常にダウンロード出来ましたらインストールを開始します。

※使用許諾契約書画面
※使用許諾契約書にチェックします

インストールが始まりますので終わるまで待ちます、途中PCからインストールの許可を求められますが「はい」で進みます。

インストール中
インストール中

「完了」を押してインストールは完了です。

完了】をクリックして起動で以下の画面が立ち上がります。


【WindowsPC正常チェックを開く】にチェック入れずに完了した場合は「全てのプログラム」から一覧内の【PC正常性チェック】を起動して下さい。マークのアイコンですので見つけやすいと思います。

PC正常チェック今すぐチェック

今すぐチェック】をクリックで開始、しますしばらくしますと対応しているか、どこが未対応なのか表示されます。

結果は1分くらいで出てきます。

対応の可否が表示されます
対応のしていない該当j項目が表示されます

私のは対応してないのが知ってましたがやはり【このPCは現在Windows11システム要件を満たしていません】と出て無理ですと出ました。

どこの部分がわるいのか、どこが要件を満たしているのか【すべての結果を表示】クリックすると出てきます。

私のPCはTPMだけが対応していませんでしたが、その他は大丈夫でした。
TPMが対応してないので、BIOSで変更できるか、出来ない場合は買い替えを検討しないといけなくなります。

TPMの有効化の情報はMicrosoftで紹介と解説されてますが、BIOSの設定を触るので分からない方は分かる人に聞きながらやメーカーに問い合わせてから実行する事お勧めします。

まとめ

チェックした事で何が悪いのか、何を対応すればアップグレード出来るかを一目で見る事が出来ました、裏を返せば対応することで無料アップグレードの対象になるという事です。

まだWindows10を使う事を思っている方もインストールし自分のPCが対応してくか確認するツールとしてご利用出来ます。

コメント