スポンサーリンク

バレンタインデーの始まりと意味

バレンタインデーの日本の広がり四季

バレンタインデーは毎年2月14日に行われる恋人たちを祝う日とされてます。

269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した「聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日」だと、主に西方教会の広がる地域においてかつて伝えられていた。

この日、キリスト教圏では一般に恋人や家族など大切な人に贈り物をすることが習わしとなっている。

Wikipediaから

ホワイトデーとの違いは関連記事:「ホワイト―の由来と始まりの時期は?」で確認出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本での広がり

日本など非キリスト教徒では「女性が男性にチョコレートをあげる日」とされてますが、近年は男性から女性や女性同士に贈り合う「友チョコ」など多彩な贈り合う習慣が広まってます。

日本での広がりは本格的に広がったのは1970年代後半からと言われています、広がる原因となったのはお菓子店が売り上げが落ちる2月の販売促進の為に「女性が男性に愛を告白していい日」とされてからが本格的に広がった要因が大きいです。

日本ならではの特徴

チョコレートアソート

特徴としては女性が告白やアプローチしたい方に、「本命チョコ」を贈り気持ちを使える方法としている事が有る。

恋人や意中の人でも無くても、友達や上司に贈る、「義理チョコ」を贈る文化が有る、近代では義理チョコを贈る為の精神的や金銭的な負担がかかる為に会社ではバレンタインデーのチョコを贈り合う事をしない事もある。

日本のバレンタインデー特徴としては

  • 意中の人に贈る「本命チョコ」
  • 上司やお世話になった方に贈る「義理チョコ」
  • 女性友達同士で贈る「友チョコ」
  • 男性が女性に贈る「逆チョコ」
  • 自分で食べる為に買う「自己チョコ」

などが一般的です。
また贈る物の多くがチョコに特化している事が特徴です。

日本では2月はまだまだ寒い時期なので、チョコが溶ける心配が少ない為かバレンタインに特化した様々な新作や限定チョコレートが発売されます。

「自己チョコ」が近代多くなったのはそんな新作や限定が多く販売され見た目が華やかだったり、口溶けがイイ柔らかいチョコなども発売されてるのが要因になってます。

しかし2017年・2018年・2019年と市場が減少傾向になってます、2020年は3年ぶりに4%増加しました、増加した原因はさまざまですが2021年には新型コロナウィルスの影響もあってか外出を控える方が増えた、またそもそも会社や学校に行く事が減った為に人と会う事が減った、収入が減った為義理チョコを買う資金が負担になったなどが考察されます。※参考生地:記念日文化研究所

2022年も1月現在は第六波(オミクロン株)が急速に増加した事で先行きが不透明な事が予想されます。

元々のキリスト教圏の西洋・欧米の特徴

キリスト教圏でも、恋人やお世話になった人に『チョコレート』を贈ることはありますが、チョコレートに限定されている訳ではありません。

贈り物としては

  • ケーキ
  • カード

などチョコ以外にも様々な贈り物をする習慣があります。

またホワイトデーの文化が無い為、日本の様に女性から男性にと贈る訳では無く、女性・男性関係なくお世話になった方や恋人・家族に対して贈るのが一般的です。

コメント