スポンサーリンク

悩みやすいブログの書き方を解消解決【初心者】

BLOG書くWordpress

ブログを始めた方が良く悩む項目。

  • 書きたい事が見つからない
  • 書き方が分からない
  • 成果を出す書き方やコツが知りたい

ブログを始めたが「何から書けばいいのか分からない」「望んだ成果が出ない」と悩んで止まってしまう事も多くなり、続けられなくなる方も多く出る要素になってます。

基本を押さえて意識や注意しながら書くだけで、統一感のある記事を書く事が出来るでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログを書くうえでの重要なポイント

ブログを書く上で忘れてはけない重要なポイントがあります、それは「読者目線」です。

ブログを書く上で最も重要な事です、「読者目線」を意識するだけでも違った文章になります。

ポイント

ブログでの読んでくれるその先の相手、すなわち「読者」の存在を忘れてはいけません。

自分の思いを書いても相手にとっては参考にも役にも立たない事が多いです、このブログを見てくれている人に与えられているかを常に考えて発信してるかが重要なポイントになります。

ブログに書く事や伝える事には自分の考えを使えるのでは無く客観性や信憑性に欠けてはいないかを意識して書く事が重要です。

記事の作成前のポイント

ブログを作成する前から生地の準備段階は始まっています。
漠然と書き始めると文章全体が崩れる原因にもなります。

それでは一つずつ見て行きましょう。

記事のテーマを決める

ブログ記事の作成でまず重要なのが、その記事の『テーマ』を決める事です。テーマがハッキリすれば、記事における文章の方針も分かってきます。

この記事のテーマは「ブログの書き方のポイント」を解説するをテーマにしてます。

記事のターゲットを決める

テーマが決まりましたら、その記事を見て欲しい「疑似想定読者」を設定する事です、誰に読んで欲しいか、どんな人が読んでくれるのかを想定して文章やキーワードを作る事です。

考えるのが難しい時は、「この人に教えたい」など身近に居る人に教える方法は!と考えるとイメージし易いのでは無いでしょうか?

結果として同じ悩みを持った「読者」にも為になる事が出来る様になります。

記事のキーワードを決める

テーマやターゲットが決まったら、その記事の『キーワード』を決めて記事の作成をします。ここでは、キーワード(SEO)の必要性や、「対策のキーワード」の決める具体的な方法について解説します。

キーワードの選定方

自分のブログ記事を多くの人に見てもらうためには、検索サイトに検索される事が重要です。


検索にはGoogleの検索結果からアクセスしてもらうのが必要ですが、検索上位に表示されるには、適切な検索キーワードを書く状況を作る必要があります。その為にも適切な検索キーワーをブログ記事に入れる事で上位表示傾向が高くなります。

検索キーワードの調べ方

検索キーワードとは「どんな検索キーワードでGoogle内で検索されているか」「検索キーワードがどれだけ検索されているか」を洗い出す所から始まります。

もっとも簡単に調べる事が出来るのはGoogleの検索窓に「ブログ 書き方」などの検索キーワードを入力をすると下に他の検索キーワードが表示されます。

Google検索画面

もっと細かく検索キーワードを確認するにはラッコキーワード を使えば細かく見る事が出来ます。

ラッコキーワード
ラッコキーワード画面

無料で細かな検索キーワード一覧(サジェストキーワード)が確認出来ますので、ブログでのキーワード選びの参考に出来ます。

見出しを使った検索も出来ます、「どんな見出しが取り上げれてるか」「見出し数」「文字数」が表示されます。↓矢印を押すと詳細な見出しが表示されます、記事がどんな見出しで作られてるかが分かります。

キーワードで検索
「キーワード」で検索結果

ただし検索数は出ませんので、どれだけ検索されてるか分かりません。
検索キーワード数も含めたキーワード選択には検索キーワードを探す事の出来るサイトを使用します。最も簡単なのはGoogle Trendsですが、もっと細かく検索したいのであればGoogle(キーワードプランナー)広告Ubersuggest(有料)などのツールがあります。

ツールを使う事でキーワード毎の「キーワードの強さ」が見る事が出来ます。

キーワードには出来る限り競合が無いまたは少ない「キーワード」を選ぶ事で、競合のがいない検索キーワードを選定する事で、検索上位に表示される事が出来ます。

競合に企業などがいるキーワードは個人ブログでは検索上位に行くのは難しい為、同じキーワードは避ける様にしましょう。

検索上位にならないと表示される・見られる事が無いので、競合無いキーワードが重要になります。
競合相手が居ないキーワード選定が重要ですが、関連の無いキーワードでは検索結果に表示されなくなります。

定期的なキーワードのチェックも忘れずにする事が大事です。【SEOキーワードチェックツール選定】も参考にして下さい

ユーザーニーズの調べ方

Googleの表示される検索で確認する事が早いです。

色々なキーワードを入力してどんな表示をされるかを調べていますと、どんなニーズ・ユーザーに検索上位に表示されるか分かります。

目的はユーザーに刺さるような良質な内容に記事を作る事が重要になってきます。

文字数と内容の関係

ブログでは文字数が多い方が良いとか2,000~3,000文字がイイと言われています。

しかし全ての記事がその文字数に適用されるわけではありません、Googleに因りますと「文字数で評価はしてはいない」との発言もあり文字数で検索の評価はしていないそうですが、傾向として文字数が少ないより多い方が検索上位には上がっています。

検索結果にもっとも評価されるのは「読者のユーザー目線に立って記事が書かれてるか」を評価されています、 文字数よりも、記事に内容に重点を置いて書く事が最も重要です。

文字数はあくまで目安です、多ければ検索上位に入る訳でも無く、無理に文字数を気にして増やすよりは内容さえよければ少なくても検索上位に入れます、あくまでも内容を気にして書きましょう。

タイトルや説明文の決め方

タイトルは目にしたユーザーが最初に目にする文章です。

一般的にタイトルは32文字、説明文は120文字(スマホでは50文字)程度が表示されます。

検索の映り方
検索一例です。

オリコンの表示例ですが「オリコンランキング…」がタイトル、下の「シングル・アルバム…」が説明文になります。

ポイントは

  • タイトルは32文字以内
  • 必ずキーワードを盛り込む
  • 説明文は120文字以内で書く、スマホ向けには50文字
  • 最初の50文字でターゲット層に向けた説明を付ける(○○が分かる・解決するなど)
  • ブログが見終わったら解決できる事を盛り込む
  • 具体的な数字を盛り込む様に意識する

どんなに長く書いても表示がされませんし、文章の後半に重要なキーワードを盛り込んでもユーザーには表示されませんので、目をとめてみて貰う事が出来ませんので説明文は最初の方に盛り込んで記載する事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に記事を書く際のポイント

記事前のポイントを押さえたら初めて記事の本文の作業に取り掛かります。

記事の構成を決まる

まずは記事を書きだす前に構成を決めておきます。イメージ出来なければ紙に書く事も有効です。

書き始めると、今回の記事には必要ない事の補足や、余分な事も記載する事になり伝えたい事がまとまらなくなり、全体としてまとまりが悪い文章になります。

実際書く前に構成や内容を作り込んでおくと伝えたい事がだけを記事に出来、見た目も内容もスマートな記事になります、時間が最初は多少かかりますが結果的に早かったりします。

構成は結論を先に提示

ブログの記事を見ていれば多いのが、先に結論を書いている記事が多いです。
結論を先に書くとユーザーが離れる可能性が有ると思いますが、見ているユーザーの多くは知りたいのは今の悩みを「解決・結論」してくれるのかを求めて検索している人が多いです。

この記事を見終わる頃には、ユーザーの何が利益になるかを伝える事で読んでもらえる記事になります、日記や小説など以外の問題解決や解説記事は「結論」→「過程・方法」の順で記載する事をお勧めします。

PREP法で書く

Point : 結論 ( 要点 )
Reason :理由(結論にいたった理由)
Example:具体例(理由に説得力を持たせるための事例)
Point : 結論 ( 要点 )

以上の頭文字を取ってPREP法と呼ばれています、文章だけでなく話をする時にも効果的な方法です。

この方法で重要なのは初めと終わりに「結論」が有るという事です。

結論:サービスA案とB案はA案で決まりました。

理由:A案の方がB案より精度が高くコストも低いからです。

具体例:A案に近いサービスを過去提供したQ社が増収総益を出しました、従来より洗礼されたA案はきっと良い結果を残せると思います。

結論:よってA案に決まりました。

上記例の様に文章を書くと読んでいるユーザーにもどうして結果に至ったのかの経緯と共に説得力を持った文章になります。

どんな文章でもPREP法を意識した文章を作成すれば読みやすくなります。

またテンプレート形式で保存すれば次に違う文章を書く時も参考にして早く綺麗な文章が書けるようになります。

綺麗な見せ方のポイント:語尾を統一する

記事を綺麗に見せるのに簡単に出来る方法はまず語尾を統一する事です。

お勧めは「です」「ます」で統一する事です。

綺麗な見せ方ポイント:文章のレイアウト

  • 記事は改行を多く入れる
  • 見出し毎の文章は800文字を目安
  • スマホを意識して1文の長さは2~3行を目安にする
  • あまり難しい漢字は使わない
  • 読みやすいを意識する

綺麗な見せ方ポイント:装飾

  • 重要な言葉や文章は「太字」「マーカー」をする
  • 箇条書きやリストで記載できる事は文章内で記載しない
  • 外部リンクサイトには「ブログカード」を使用する
  • YouTubeは埋め込みで表現
  • Twitterは埋め込みで表現

まとめ

ブログで始めようと考えている方や何を書けばいいのか分からない方に向けて、記事の書き方について記載しました。

今回の内容が実施できると、書く知識は十分に身についているはずです。
最初から上手く書く事は出来ませんが、「読者目線」を意識して読者の利益を考えて記事にする事を忘れないで下さい。

定期的に書いた記事を見直して「読者目線」になってるか確認する事も忘れない様して下さい。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント