スポンサーリンク

WordPressのタグの表示数を変更する方法

タグカスタマイズWordpress

WordPressのタグを入力したのにトップ画面やサイドバーなどに表示される数が増えない事があります。

ちゃんと記載して投稿には表示されるのになんで?表示されているのもあるのにおかしいと思った事有りませんか?

  • タグが全部表示されない
  • タグの表示数をカスタムしたい

そんな方にお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タグとは

まずタグとはどんな役目をしているのでしょうか?

あくまで一例ですが、簡単に説明します。
タグはカテゴリーを細分化した付箋の様な物と思ってもらえれば分かり易いかもしれません。

商品などのでは「婦人服」「紳士服」がカテゴリーでその中で「上着」「パンツ」などの区分けがタグの様な関係で使われる事が多いです。

またカテゴリーの枠を無視して「上着」や「パンツ」といったジャンル別に表示させる時に役立ちます。

ページに訪れた方が知りたい目的と他の関連記事をいち早く見つける為に設置すると捉えた方がいいでしょう。

SEO的な話

結論から言いますと、SEO的にはタグはあまり関係無いようです、逆に沢山付けすぎるのは評価が下がる傾向と言われています。

タグはあくまでもページを見に来た人に探ししやすくする為の物と認識した方がイイでしょう。「#」ハッシュタグの様にキーワードとしての使い方は記事と関係の無い項目を沢山入れると評価が下がる可能性があります。

タグの表示のカスタマイズで個数追加や減らす方法

表示されない原因のほとんどは個数制限が係っているからです、
WordPressはタグの表示できる個数は、デフォルトでは45個までと決まっています、それ以上は登録は出来ますがサイドバーやトップ画面には表示は出来ません。

タグ個数デフォルト
デフォルト表示(45個)

設定を変更していない場合は上記画面の様に45個です。

では表示個数を増やす・減らす事をカスタマイズするにはどうしたらいいのでしょうか?。

functions.phpコードでカスタム

functions.phpに以下を書く事でタグの個数を自由に変更す事が出来ます。

テーマエディターはWordPressを表示するに際して重要な事が書いてあります、万が一の事があるとブログにアクセスする事が出来ません。

追加変更する前にはバックアップを取る事をお勧めします。

万が一にリカバリー(リストア)が必要となりましたら「ブログが消えたリストア・リカバリー方法」を確認して下さい。

「外観」→「テーマエディター」→「 functions.php 」から追加します。

// タグ個数設定
function my_tag_cloud_number_filter($args) {
$myargs = array(
‘number’ => 30
,
);
$args = wp_parse_args($args, $myargs);
return $args;
}
add_filter(‘widget_tag_cloud_args’, ‘my_tag_cloud_number_filter’);

上記コードの「 ‘number’ => 30 」が表示している個数を表します。現在記載は「30個」のタグ表示になってます。
その数値を変更する事でカスタマイズして変更出来ます。

タグ無制限

「 ‘number’ => 0 」にする事で上限を設けない事が出来ます。

タグを入れ過ぎると長くなり見にくくなりますが個数制限は無くなります。

タグは入れ過ぎるとページ評価低下にも影響しますので、1ページにはタグは3までした方がいいでしょう。

まとめ

タグが全て表示されない原因とカスタマイズをする事が出来ました。

この方法は主にサイドバーやトップ画面に表示する個数のカスタマイズです。

個数は自分が見た時に多いと感じる様な数の掲載はしない方が良いでしょう。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント