スポンサーリンク

リンク切れを監視するプラグインの設定

Wordpress

リン切れはブログやサイトなどで設定した、リンクが切れている事です。

リンク切れを起こすと読みに来た読者が読み込む時にエラーが出てしまします。
読者的にもSEO的にも悪い事しか起こりません。

投稿数が多くなると自分で確認する事が大変になります、プラグインを導入してリンクを切れている場所を確認しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンク切れの影響

リンク切れは訪れたユーザーが更にリンク先に移行しようとすると、その先のページがエラー(404)になります、期待していたページに到達できずユーザーに悪い影響があります。

また検索エンジン(Googleなど)のクロールするロボットも同じくクロールしているのに到達できないページがあると、そのページが低評価のページと評価されます。

内部リンクも外部リンクもどちらも同じでリンク切れ得な所は一つも有りません。

リンク切れを見つける方法

リンク切れを見つける方法にはプラグインを導入しなくても出来ます。

Google Search Consoleを設定をしているとリンク切れを起こしているページがクロールされた際にエラー(404)をリポートされます。

同じくMicrosoft Bing Webmaster Toolsでもエラー(404)を見つける事が出来ます。

Microsoft Bing Webmaster Tools エラー(404)画面
Bingの画面

表示されたエラーリポートのURLを選択すると該当のエラーのURLに移行します。
該当のページのリンク切れのページを直す事で解決します。

リンク切れを監視するプラグイン

早速プラグインを導入するのですが、プラグインを導入すると定期的に巡回してリンクが切れた際にスグに切れた場所が分かります、ですがあまりお勧めはしません。

リンク切れのプラグインを導入すると監視している間はサーバーの負担が大きくなりサイト表示速度も遅くなります、多くのページがあるとその分サイトの動作が遅くなりますので、リンク切れを監視するより確認する為に使用する事をお勧めします。

導入の際にはプラグインを導入してリンク切れを確認・対処してからプラグインを削除して、必要に応じて再導入する事をお勧めします。

プラグインをインストールして有効化をします。

Broken Link Checkerを導入

有効化をします。

Broken Link Checkerを有効化

インストールと有効化をしましたら設定をします。

有効化したら【設定】します。設定はプラグインの一覧から出来ます。

一般

一般の設定

各リンクをチェック

検査する間隔を時間で設定します、リンク切れはそう簡単に起こりえませんので、5日~7日位を目安に設定すると良いでしょう。(120時間~168時間)

リンクの調整

デフォルトは「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」にチェック入ってますので残り2つにチェックします、「検索エンジンにリンクエラーをたどらせない」でリンクエラーをクロールさせない事で少しでも評価を指せない様にします。

提案

リンク切れに代わるものを提案するのチェックを外す。

含まれるリンク

基本そのままの設定で使用には問題ないです、「再利用ブロック」や「下書き」の記事にも適用させる時は設定を変更して下さい。

含まれるリンクを設定

チェックするリンクの種類

リンクの種類を選択します、記事内に埋め込まれた動画サイトのリンク切れなどもこちらで設定する事で監視出来ます。自身の記事内容でチェックして下さい。

チェックするリンクの種類

高度な設定

高度な設定で一ヶ所チェックを外して下さい。

「バックグラウンドで1時間ごとに実行」はデフォルトで入っていますので外します。
入ってますと負荷が掛かり表示速度やサーバー負荷に繋がり易くなります。

高度な設定

全て終わりましたら【変更を保存】を忘れずにして下さい。

リンクエラーがあるか確認するには【ダッシュボード】→【設定】→【リンクチェッカー】で確認出来ます。

リンクエラー箇所一覧が表示されますのでエラー該当のURLを変更するして【再確認】で修正がきちんとしてましたらエラーを解消できます。

リンク切れの表示

実際にリンクが切れた場合は「ステータス」画面に切れたと表示されます。

リンク切れ表示

1個のリンク切れがある事が表示されています「1個のリンクエラーを発見しました」をクリックしますと、どこのページの何のURLがリンクエラーか表示されます。

リンクエラー詳細表示

詳細表示は「どのURL」がエラーになっているのか?投稿はどの「タイトル」が該当するのかを表示してくれます、表示されている箇所を直す事でいち早く修正をする事が出来ます。

まとめ

Broken Link Checker導入する事でリンク切れをいち早く見つける事が出来ます。
設定をきちんとしていないとサーバー負担が掛かりますので導入時にはきちんと設定して下さい。

また最初にも書きましたが導入は一時的にしておくのがお勧めです。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント