スポンサーリンク

mixhostサーバーWordPressインストール方法・Control Panel(Cパネル)からの方法

WordPressインストール方法Wordpress

サーバーの中には独自のコントロールパネルを採用しているサーバーもありますが、Cパネル(Control Panel)を採用しているサーバーは多いです。

見た目は独自採用でしたら少しは違いますが、ほとんど同じ感じですので迷わないでしょう。

mixhostサーバーもCパネルを採用してますので、サブドメインや自動インストールを選択しなかった方など、個別にWordPressインストールをする方法を紹介。

mixhostとはどんなサービス?登録は?「mixhostメリット・デメリット・登録方法 」で解説してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Cパネル( Control Panel )にアクセスする

サーバーに登録した場合はCパネルにアクセスする為のURLがメールなどで送られてきます。

Cパネルアクセス情報

mixhostの場合ですが、実際に送られてきたメールです。

他のサーバーでも同様にユーザー名・パスワードは送られてきます。

ログイン画面は大体同じような感じです。

Cパネルトップ画面

WordPressインストール方法

早速インストールをします、下の方にスクロールすると以下の画面になります。

WordPressインストール

表記が英語の場合も有りますが、Wのマークで分かります。
Wマークをクリックします。

以下の画面に移行します。

インストールするURLを選択

install】をクリックでインストールに移行します。

サイト情報入力画面

下にスクロールで作るブログの情報を入力します。

ブログ設定

他にスクロールで言語設定やプラグインやテーマの選択も出来ます。

その他テーマや言語設定
  • 【サイト名】サイトの名前になります
  • 【サイト説明】サイトの説明になります
  • 【admin username】ログイン時の名前になります(デフォルトはadmin)
  • 【Admin Password】ログイン時のパスワードになります(デフォルトはランダム配列)
  • 【管理者Eメール】管理者用のEメールアドレス(デフォルトはadmin@サブドメイン.ドメイン.com(jp.infoなど自身で決めたドメイン)

同時にインストールするプラグインやテーマも決めれますが特になければ設定を今しなくても大丈夫です、ユーザーネームとパスワードは自分で覚えやすく推測されないものに変更しましょう。(※そのままでも利用は出来ます)

後からも変更出来ますが変更しとくと良いでしょう。

アドバンスドオプション

バックアップはサーバーによっては自動でバックアップをしていますので必要の無い方もいますが、自分でもWordPressのバックアップが必要な方は設定をして下さい。

アドバンスドオプション

バックアップを設定出来ます、自動バックアップする回数と日時を選択できます。

選べるバックアップ選択は

  • 1回/日
  • 1回/週
  • 1回/月
  • Custom

サブドメインやメインドメインなどインストールするURLを選択して入力します。

インストール選択画面

全ての情報を入力完了しましたらWordPressインストールします。

インストール完了

完了しますと以下の様な詳細情報が表示されます。

詳細設定

後ほど変更も出来ます。

以上でWordPressインストール出来ました。

まとめ

Cパネルは使い慣れないと良く分からない事が多いですけど、これでCパネルからインストールが完了できました。

この方法でサブドメインなどを増やしてもWordPressインストールをしてブログを増やす事が簡単に作る事が出来ます。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント