スポンサーリンク

GoogleサーチコンソールのDNS認証を入力する場所はどこなのか?

Wordpress

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)のドメインで取得したDNS認証をどこに入力すればいいのか?
登録したのはイイがコードを追加する場所がどこか分からないのは困ります。

サーチコンソール(Google Search Console)でプロパティタイプの選択で【ドメイン登録】をする際にTXTを登録をConoHaWINGで追加する方法を紹介する方法します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Search ConsoleでDNS認証取得方法

アクセスしてサイトを追加します。Google Search Consoleはこちら

プロパティを追加

既に登録されているサイトがあると一覧が表示されます。
一番下に「+プロパティを追加」があります、そこから新しいサイトを追加します。

ドメイン追加

追加画面になります。
追加したいドメインを入力します、ドメインだけでいいので他は省いて下さい。

正常に完了しますとTXTレコードが発行されます。

DNSレコード

コピーします、次にコピーしたTXTレコードを貼り付けます、ConoHaWINGでの貼り付け方法を下記に紹介します。

ConoHaWINGサーバーにアクセスして追加する方法

ConoHaWINGサーバーは独自のアクセスパネルの為簡単に追加する事が出来ます。

ConoHaWINGにアクセスしますConoHaWINGはこちら

ログインしましたらメニュー画面から【DNS】を選択します、自分の契約しているドメインが表示されます。

DNSは設定を間違えるとブログ自体が動かなくなる事があります、注意して作業して下さい。

ConoHaWINGメニューDNS追加

複数ドメインが表示される場合は今回追加したいドメインを選択をして下さい。

鉛筆マークで編集・追加

サーチコンソールでコピーしたTXTレコードを追加する場所を作ります、画面右側にある「鉛筆マーツ」を選択します、編集画面になります。

最下部に追加用の「」が表示されます、

」を選択するとドロップダウンで追加するメニュー一覧が表示されます、その中に「TXT」がありますので選択します。

TXTを選択してコードを貼り付けます。

入力が出来ましたら【保存】をして完了です。

正常に保存出来れば「成功しました。」と出ます。

Google Search Consoleで確認して「所有権のを証明しました」と出ていれば正常に追加された事になります。
今回はすぐに確認が出来ましたが、確認に数時間立たないと確認出来ない場合がありますので少し時間置いて確認して下さい。

まとめ

追加するTXTとGoogle Search Consoleの発行はどちらが先とは決まっていませんが、同時に取得と追加をしましょう。

ドメインで追加する事でURL毎に追加していた作業が楽になります。
難しい方は以前からのURLプレフィックスでの追加が安心です。

Wordpress
スポンサーリンク
HKlinkをフォローする
ニュースの森

コメント