スポンサーリンク

日本のハロウィンの楽しみ方

HAPPY Halloween四季

ハロウィンは元々日本ではあまり定着してませんでしたが、いつから定着したのでしょか?
また元々のイベントと日本のイベントでは何が違うのでしょうか!?

日本のハロウィンは子供から大人まで仮装で盛り上がるのが定番となってます、
そのため外国から日本のハロウィン目当てで来日してくる人も多かったです。

なぜ元々日本の祭りでは無いのに外国の人が来日してくるんでしょう?

ハロウィンの流れから考察してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハロウィンいつ

ハロウィン(英語)、あるいはハロウィーン(イギリス)と表記されてます。
本文では「ハロウィン」で統一してます、以下「ハロウィン」表記。

毎年10月31日に行われる、収穫祭と魔除けの祭りです。
起源は、古代ケルト人の祭りとされています。

アメリカでは恒例の祭りになってますが、キリストの祭りでは無いので、キリスト教徒の中でも容認や否定まで様々な意見があります。

お化けカボチャの謎

ハロウィンではよく見かけるカボチャをくり抜いて作られる物をイメージされますが、どんな意味があるのでしょう?

お化けカボチャには「ジャック・オー・ランタン」と名前があります。
オレンジ色のカボチャを怖い顔にくり抜いて、内側にロウソクなど火のついたものを家の戸口など外から見える位置に置く事で、悪い霊を追い払う魔除けの役割を果たします。

ジャック・オー・ランタン

日本でいう所の鬼火の様な物です。

元々はカブで作られていましたが、現在ではカボチャになりました。

トリック・オア・トリート

知られているのは「お菓子くれないと、いたずらしちゃうぞ」(Trick or Treat!)と言って、近所を周るのが知られています、訪問を受けた家では「ハッピーハロウィン」(Happy Halloween !)の言葉と共にお菓子を上げるのが風習になってます。

キリスト教徒の祭礼では無いので、ハロウィンを容認しないので断る事もあります。断る場合は玄関の電気を消すか、ハロウィンの飾りをしない家には訪問しないと習慣となってます。

また日本では訪問する習慣は定着していない。

仮装するのはなぜ?

ハロウィンには魔女や悪霊もやってきて、人間たちに悪運や災いをもたらしたり、いたずらをするために、恐ろしい怪物や怖いものに仮装し、悪霊や魔女の格好をして怖がらせて追い払うのが習わしになり仮装の始まりとなってます。

現在は怖い仮装だけでなく、ヒーローやその時期に流行ったキャラクターなどに仮装する事も多くなって来てます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本でのハロウィン事情

日本でのハロウィン事情は1970年代からは入ってきましたが、あまり定着せず一部の外国者が身内でのイベントして行われていましたが、 商業イベントとしてデパートでの限定商品やテーマパークではハロウィン限定のイベントとして大々的に仮装パレードなどが開催され、また地域イベントにハロウィンパレードやコスプレイベントして開催されたのが、注目されてから一気に全国と広がってきました。

日本の仮装の特徴

日本の仮装での大きな特徴は、通常多くの諸外国では子供限定で仮装されますが、日本では子供から大人まで誰でも仮装します、また決まりや習慣が無いからこそお祭りやイベントとして開催されています。

ハロウィンイベントで仮装パレードやコンテストが行われ、ハロウィン本来の趣旨からは外れていますが違う趣旨で仮装を楽しんでいます。

ハロウィンコスチュームコーナー

SNSの発展から仮装の人気も高くなり、商業的にも各商品の売上が上がってます。
クリスマス・バレンタインなどの行事と同じ位に規模も増加していく可能性があります。

また日本のハロウィンは大人がコスプレ(仮装)する事も良く行われていますので、外国から沢山の人がコスプレの為に来日していました、繁華街ではその為に社会問題になってます。

※新型コロナの影響で2021年開催の有無や注意は各開催イベント主催で確認して下さい。

ハロウィンが終わりましたらクリスマスの用意と忙しくなります、クリスマスも意識してハロウィンも楽しんで下さい。

クリスマスに供える事は「クリスマスの日本の広まりとプレゼントの選び方」から参考にして下さい。

コメント