スポンサーリンク

楽天カード株式会社【速報版】カード利用のお知らせ(本人ご利用分)は注意が必要です。

詐欺メールアクセス禁止迷惑メール

本人の利用履歴が見れる楽天e-NAVIですが、フィッシング詐欺メールが届きました。
以下に内容を記載します、メールでのURLが付いて送信されているメールはどんなものでも注意が必要です。

記載する記事は詐欺やフィッシング詐欺ですので、惑わされない様にくれぐれもクリックして個人情報を入力しない様に気を付けましょう。

毎日の様に届くフィッシングサイト誘導メールの多さに被害者が多く出ないか心配です。

その他フィッシング誘導メールは

など楽天以外でもメルカリやアメックスでも同様なメールが送信されています、注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際に届いたメール内容

メールのタイトルは速報版 】カード利用のお知らせ(本人ご利用分)でした。

送信アドレスは「 contact@rakuten.co.jp」です、間違えて送信しない様に取り消し線を挿入しています。公式アドレスは下記表に記載してますがメールアドレスは偽装出来ますのであまり参考にはなりませんので注意が必要です。

利用料金確認

利用料金は身に覚えのない高額な利用の為、不正利用されたのかと心配になって【ご利用明細を確認する】と詐欺サイトに誘導されます。

実際に【ご利用明細を確認する】アクセスした所、ブラウザ側から警告が出ました。
スマホなどでは警告が出ない事が予想されます、高額な利用状況で焦らせてアクセスをさせようとする悪質な手口ゆえに気を付けて下さい。

実際の警告

他のメール記載URLは公式サイトに繋がりました。手の込んだフィッシング詐欺には何度も言いますが最新の注意をして下さい。
皮肉な事に上記記載の【楽天カードを装った不審なメールにご注意ください】は楽天の公式サイトに繋がります。

送信アドレス等で調べた所[static.cnode.io]で日本のサーバーから送られてきてました、大手企業のサーバーですので対処などはしていただけてると思いますが、対応が追い付かないのが現状でしょうか?


自分たちで出来る事はもしURLを間違ってアクセスした場合は見た目は同じ様でも決して入力はしないで下さい。


登録画面などは偽の画面でIDパスワードの抜き取りの被害にあう恐れが有りますので開かない様にお願いします。

内容が気になる様なら自分で公式サイトを調べるか、公式サイトをブックマークして置いて毎回メールでは無く公式から確認して下さい。

メールからのURLは開く前に少し疑って安易に押す事のない様にして下さい。

公式楽天URL
https://www.rakuten.co.jp

公式楽天e-NAVI:URL
楽天e-NAVI: ログイン画面 (rakuten-card.co.jp)

楽天公式メールアドレスドメイン(出典:公式発表

@rakuten.co.jp
@info.rakuten.co.jp
@mkrm.rakuten.co.jp

※メールアドレスは偽装も簡単なので、公式のアドレスを記載してますがメールアドレスはあまりあてにしない様に注意が必要です。

公式サイトでも不審なメールやSNSの注意があります。こちらで確認出来ます。

必ず自分で公式サイトに移行してから検索して下さい。

迷惑メールを受信した人は外部サイト「迷惑メール相談センター」に情報提供する事で減らそうとしてます、情報提供出来る方は一度目を通して下さい。

総務省より委託を受けて「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」に違反していると思われる迷惑メールを収集しています。

迷惑メール相談センター

情報提供者における個人情報の取り扱いは総務省サイトで確認出来ます。

コメント